海外移住したいあなたをローカルがサポート➣

海外デュアルライフメディアとは?

海外デュアルライフとは?

デュアルとは、「2つの、2重の」という意味を持つ言葉です。
すなわちデュアルライフとは「2拠点生活」のこと。平日は都心部で過ごし、週末は人里離れた場所でゆっくりとスローライフや自分の趣味に充てる時間を過ごしながら、行ったり来たりを繰り返すライフスタイルです。

このデュアルライフは、国内に限った話ではありません。日本にある家を賃貸に出したり、ひとり暮らしの方であれば、海外を拠点として、年に数回、実家に戻るという選択肢もあります。


なぜ海外デュアルライフが注目されるのか?

海外を拠点としたデュアルライフが増えている理由は、現在日本が直面している経済的要因や、社会的要因、さらには技術的要因があるからです。

  • 日本の経済が縮小して賃金が上がりにくい
  • 消費税など税負担の増加
  • 年金負担額の増加と受給額の減少
  • グローバル化の加速で外国語の必要性が拡大
  • バイリンガル教育への注目
  • 老後の生活が見直される時代
  • スマホ、PCなどのデバイスの進化
  • ネット会議ツールの進化
  • リモートワークでどこでも仕事がしやすい時代

このような理由から、日本で一生を過ごす必要性を疑問視する人が増えており、今後もますます日本人が海外に出るというハードルが下がっていくと予測されます。


どんな人に向いている?

どこでもPCやスマホで仕事ができる人や、外国語を使いながら生活をしたい方、子供の教育のために海外で暮らしてみたい方。

経験値を高めたい方。

また、人生100年時代と言われる時代です。新しい環境にチャレンジし、残りの人生をもっとイキイキと楽しんで過ごしていきたいというシニアにとっても、可能性のある選択肢です。


海外デュアルライフメディアが生まれた背景

外務省が2019年に発表しているデータでは、海外に在留する日本人は141万人(90人に1人)います。この数字は、年々増加しています。
移住の目的は、生活コストを見直す人、スキルアップ、子供の教育、介護移住、駐在員の増加など様々です。
2020〜2021年を中心に世界を襲った新型コロナウイルスの影響を受け、日本人の生活スタイルは大きく変化を始めており、移住はより一層カジュアルな時代になっていくと予測されます。
また、国によっては長期滞在用ビザが容易に取得ができ、海外移住は若い層、シニア層ともにニーズが高まっています。
しかし、海外移住やプチ移住、ワーケーションという生活スタイルがあるにも関わらず、情報が少ないが故に、移住へのチャレンジに自ら蓋をしてまう人が多いのが現状です。そして移住をしても、イメージしていたこととのギャップを感じて、後悔してしまう人がいるのも事実です。
この問題を解決するために、海外デュアルライフは2021年に誕生しました。


メディア代表挨拶

自分が好きなもう一つの居場所を

海外にチャレンジしたいと考えている人は、誰しも大小問わず不安を抱えていらっしゃいます。
このメディアが、少しでも疑問や不安を解消できる場になればと思います。
より沢山の事例や、価値ある情報を掲載させていただき、海外移住やワーケーション、デュアルライフ(2拠点生活)に興味を持たれている方の応援役、背中を押してあげられる存在になることを目指していきます。

皆さま一人ひとりが、自分が好きなもう一つの居場所を見つけ、素敵な暮らしを再出発させるきっかけになれるのであれば嬉しく思います。

2021年4月
海外デュアルライフメディア
代表 田平優貴


メディア運営のテーマ

  1. 東南アジアを中心とした海外移住に関する情報提供
  2. シニア層に向けた海外セカンドライフの提案
  3. 若者や家族の海外挑戦へ向けた各種情報サポート
  4. 海外移住にまつわるイベントの立案・実施