海外移住したいあなたをローカルがサポート➣

【社会人必見!】あなたがセブ島留学をすべき理由7選|大人留学でおすすめの学校も紹介

みんなの疑問!!
みんなの疑問!!
  • 社会人や大人がセブ島留学するのってどうなの?
  • おすすめの学校、時期、留学期間も知りたい!

社会人の留学の場合、キャリアアップを目指したい方、旅行と合わせて気軽に英語を学んでみたい方、定年後の移住生活の前に勉強をしたい方など、目的は様々です。

記事を書いている私は、社会人7年目で脱サラをし、「セブ島留学→オーストラリア留学→セブ島語学学校の日本人マネージャー→セブ島にまつわる事業で起業」という道を歩んできました。

また、留学生だった頃、エージェントから聞いていたことと全然違う!という苦い経験もしてきました。

そこで、今回は留学生・語学学校スタッフの両方の視点から、以下の内容を解説します。

今回の内容

  • 社会人に「セブ島留学がオススメ」な理由
  • 社会人にとってデメリットなこと
  • 社会人におすすめの学校
  • オススメな時期・期間
筆者の経歴
  • 医療業界でサラリーマン7年
  • セブ島留学/オーストラリア留学
  • セブ島の語学学校で2年勤務(マネージャー)
  • フィリピン移住者のサポート事業で起業
セブに詳しい人
社会人にセブ島留学がおすすめな理由7選

1. 短期集中で基礎英語が身につく

セブ島留学では、マンツーマンでレッスンを受けられる魅力があります。グループレッスンも何コマかはありますが、マンツーマンレッスが基本です。

つまり、先生から質問を受けれたときに、英語を使って反応しなくてはならない環境が作れます。

カリキュラムは、一日4〜8コマ受ける人が多く、50分/コマ×8コマ受けた場合、一日に約7時間も強制的に英語に触れることができます。

*わたしも、留学生のときは8コマ取っていました。最初の1〜2週間は、こんなに脳みそが疲れることあるのか.. というくらい疲れました。

中には、ありがたいことに宿題を出してくれる先生もいるので、授業後も勉強せざるを得なかったりします。

わたしの場合、授業についていけないストレスのほうが大きかったので、復習や予習までしていました..

このようにして英語を見て、聞いて、話さなくてはいけない環境が自動的に作れるからこそ、短期間で英語力が格段に上がります。

余談

私は、オーストラリアにも10ヶ月程滞在し、1ヶ月くらい語学学校に通っていましたが、この期間よりもセブ島で通った語学学校での2ヶ月の方が圧倒的に英語力が上がった実感があります。

人にもよりますが、セブ島の留学生はビギナーレベルの人も多く、英語力アップに対する意識が高い人が比較的多いなと感じます。


2. 費用が安い

フィリピン セブ島は東南アジアです。物価や生活コストが安く、留学費用も安いです。

理由は、フィリピン人の人件費が安いからですね。

学生の場合、留学費用は親御さんの援助があるケースが多いですが、社会人の場合全額自己負担することがほとんどだと思います。

そんな中、費用が安いというのは、留学先にセブ島を選ぶ理由になります。

欧米との費用の違いはざっくり以下の通りです。

1ヶ月の費用|セブ島留学
1ヶ月の費用|欧米留学
  • 15〜20万円
  • 25〜40万円

約2倍近い金額差があります。

前述の通り、セブ島留学はマンツーマンレッスンで先生を一人占めできますが、欧米留学では基本的にグループレッスンしかなく、日本人にとっては受け身の授業になってしまう人が多いのが現実です。

ネイティブの先生にこだわらないのであれば、セブ島留学のコストパフォーマンスは最強です。

ネイティブに教わる必要はある?

ネイティブスピーカーから教わりたいというこだわりを持つ人がいますが、実際に私がオーストラリアの語学学校にいたとき、ネイティブではないスペイン人などの先生がたくさんいました..

英語学習の目的とゴールを考えたときに、ネイティブから教わる必要性があるのかどうかは考えものです。

この点については、別記事でじっくりと解説します。(作成中..)

▶参考:期間別にみたセブ島留学の費用詳細|隠れコストも紹介(丹精込めて作成中です..)


3. 短期間でも留学できる

セブ島留学では、1週間から受け入れをしているところが多いです。

転職の合間の有給休暇で留学をしてみたいという社会人にとって、セブ島留学はチャレンジしやすいです。

欧米でも最短2週間などの短期留学はできます。しかし、注意したいのが1日の授業コマ数です。

欧米の場合、セブ島留学のように一日8コマも授業がなく、4コマくらいが一般的です。

短期間で集中して英語力の底上げをしたい社会人や、英語に触れる時間をなるべく増やしたい社会人にとって、セブ島留学は魅力的です。


4. 場所を選べば質の高い宿泊施設から通える

「セブ島留学は学生寮が校舎に併設しているところが多いから、施設のクオリティに不安がある..」という方も多くいます。

しかし、学校によってはキレイでセキュリティがしっかりしている近隣のホテルから通えるのを許可している学校もあります。

このような学校を選べば、社会人などの大人にとっても快適に過ごしながら、学校に通うこともできます。

さらに、授業前や授業終わりには送迎バンが用意されているので、通学の心配をする必要もありません。

よくあるギャップ..

学校に併設している寮には、洋服の洗濯をしてくれるサービスがありますが、服が伸びたり色落ちしたり..そんなクレームも少なからずあります。また、食事のクオリティも人によっては納得感が得られない人もいます。

この辺りで学校選びに失敗したくない..という社会人は、ホテルのクリーニングサービスや朝食を食べられるので、失敗のリスクは避けられます。


5. 時差も少ないから仕事もできる

フィリピンと日本の時差は1時間です。

そのため、留学はしたい!でも仕事も隙間時間にしたい、あるいはリモート会議をする必要があるという社会人にとって、セブ島留学はしやすいです。

これが、カナダやアメリカなどの欧米になると時差が10時間もあり、とても留学と仕事を両立するとこはできません。

近年、パソコンとインターネットさえあれば仕事ができる人が増えていますので、「留学しつつ仕事もセブからリモートでやる」という人も増えそうですね。

▶参考:ワーケーションのメリットとデメリットを徹底解説【アフターコロナの新しい働き方】

セブ島留学では、パソコンとインターネットさえあれば仕事ができる社会人にとっては、一日4〜6コマだけ授業をとり、残りの時間で自分の仕事や副業に時間を使うということも可能なのです。


6. 日本から近い

社会人は何かと仕事や将来のことに追われて忙しくしている方が多いと思います。

セブ島は、日本から直行便の飛行機が毎日3〜4便出ていて、時間も4時間半で着いてしまいます。

「アメリカや、カナダ、オーストラリアは10時間以上かかるし手軽ではないけど、セブ島なら近いから気軽に留学をしてみることができる」とおっしゃる社会人は多いです。

また、成田、大阪、名古屋からであれば、日本から乗り継ぎをせずにくることができるので、航空券の費用も安く抑えることができます。(安い時期を狙えば3〜4万円程度


7. 国民性に癒やされる(ストレス解消に最適)

最後は、フィリピンという国民性に癒やされるという点です。

社会人は、職場の人間関係によるストレスや、仕事によるプレッシャーなど大きな不安とストレスを抱えています。

私もその一人だったのですが、フィリピン人は、明るく陽気で、ポジティブな人が多いです。

陽気で穏やかな人と接する時間が増えることで、気が晴れると感じる社会人や大人は多くいます。

マンツーマンレッスンで一対一の会話も多いので、仕事の悩みやうっぷんを頑張って英語で伝えてみるということもできてしまいます。

元語学学校スタッフ
元語学学校スタッフ

実際、私は社会人7年目で脱サラしセブ島留学しましたが、それまでのストレスを忘れる程、フィリピン人の人柄や、国柄にはまってしまいました。

社会人にとってのデメリット|セブ島留学(欧米と比較)

社会人にとってのデメリット|セブ島留学(欧米と比較)

ここまで、社会人にとってセブ島留学がオススメな理由を解説しました。

いいところばかりではないので、デメリットやネガティブな面も事前に知っておいてください。解決策と合わせて解説します。

1. 門限がある

セブ島留学は欧米留学と違い、門限が定められている学校が多いです。

理由は、寮生活で、若い学生や子供も多く、夜遅い時間まで外出することによる、治安リスクがあるからです。

▶参考:【ヤバイってホント?】セブ島留学の気になる治安問題|データ&実体験をもとに解説!

また英語学習に支障をきたす可能性があるなどの理由もあります。

社会人になって、門限があるというのは少々窮屈かもしれません。

しかし、週末は門限の時間が遅かったり、ホテル滞在型の語学学校を選んだ場合は、門限に気を取られる心配はありません。

とことん英語学習に集中した留学生活にしたいのか、夜遅くまで外出しながら時間を使い尽くしたいのかなど目的に応じて学校選びが可能です。


2. 教師の質にムラがある可能性

繰り返しになりますが、セブ島留学の魅力はマンツーマンレッスンが受けられることです。

学校内には、何十人ものフィリピン人英語講師がおり、同じ研修や教育を受けているとは言え、経験やティーチングスキルに差があったり、発音の良し悪しがあるのは事実です。

大きな教師の質にムラを感じたときは、先生を変更することも可能ですので、柔軟に対応することができます。

一対一のレッスン、会話になるので、講師との相性が合う合わないも出てきますが、そんなときは日本人スタッフに相談しましょう。


3. ご飯が選べない

語学学校に併設されている寮に宿泊する場合、ご飯は毎日3食付きです。

留学費用に食費も含まれているので、一見良さそうに思えますが、どうしても似たりよったりの食事が出てきたり、限定的なものになりがちです。

学校側は、少しでも満足してもらえるように、毎食バイキング形式になっていますが、和洋折衷すべての種類の食事を何でも提供できるわけではありません。(記事後半で説明していますが、ホテル滞在型の学校では自由に選んで食べられます

そんなときは、近隣のファストフードやショッピングモールで食べたり、和食レストランに行くことで解決できます。

セブ島の語学学校には、大体周辺にショッピングモールや、コンビニ、ファストフード店があるところに位置している学校も多いです。


4. 衛生面、インフラは劣る

東南アジア共通の課題ですが、水回りの課題が大きいです。

例えば、

  • 水道水は飲めない
  • トイレにペーパーが備え付けられていない
  • 渋滞、砂埃が多い
  • インターネットの速度が遅い

しかし、新型コロナウイルスによるパンデミックにより、感染対策および衛生に対する意識は大きく変わりつつあるのではないかと思います。

しかし、水回りにおいてはフィリピンの経済成長と共に除々に改善されていくことになるでしょう。

日本は「キレイ過ぎる」ということを念頭にしておくと気持ちが楽です。

とは言え、ホテルやショッピングモールではキレイなところもたくさんあるので、潔癖症でなければ1週間もすれば慣れると思います。

元語学学校スタッフ
元語学学校スタッフ

語学学校のスタッフをしていたとき、「最初はわたし無理かも..」と言っていたキレイ好きな、女性の社会人の方がいましたが、1週間くらいして聞いてみると、慣れたと言っていました。

社会人におすすめの学校5選

社会人におすすめの学校5選

ここまで、社会人にセブ島留学をオススメする理由と、デメリットについてお伝えしました。

では、実際に社会人におすすめの語学学校を以下のポイントで紹介します。

  • カリキュラム
  • 宿泊施設の環境
  • 食事
  • 生徒の年齢層

1. MeRISE

学校紹介|MeRISE
カリキュラム法人研修にも利用されている学校で、カスタマイズが可能。TOEICやビジネス英会話にも対応。
宿泊施設の環境おしゃれさ、快適さ、wifiの強さなど、社会人のための学校だからこその充実した環境。
食事日本人シェフによって考えられた食事でクオリティも高い。
生徒の年齢層社会人専門の語学学校。日本人100%
MeRISEの特徴

2. SMEAG

学校紹介|SMEAG
カリキュラムTOEIC、TOEFLの公式テストセンターの認定を受けている学校として歴史があり、試験対策にも力を入れている。
宿泊施設の環境ネットカフェエリアや、ラウンジ、ジム、マッサージショップなどもあるので、リラックスタイムも作れる。
食事その時期の国際比率に合わせて、日本料理、韓国料理などが提供されている。
生徒の年齢層社会人以外にも、学生層もいる。韓国資本で、日本人比率は30%
SMEAGの特徴

3. CLC(bai Hotel Campus Language Center)

学校紹介|CLC(bai Hotel Campus Language Center)
カリキュラム試験対策〜シニア層を対象にしたカリキュラムも取り揃える。
宿泊施設の環境セブの4星ホテルで、ジム、サウナ、スパ、セブを一望できる屋上バーラウンジなどいたれりつくせりな大人留学ができる。wifiもハイスピードで、コロナ対策もバッチリ。
食事和洋折衷の高級バイキングが食べ放題。レパートリーと味はダントツ1位。
生徒の年齢層*新設の学校のため確認中。日本人100%
CLCの特徴

4. HOWDY

学校紹介|HOWDY
カリキュラム親子留学コースや、50歳以上を対象とした専門のコースもある。
宿泊施設の環境校舎は2021年にJセンターモール内に新設し、宿泊施設は東横IN(セブ)を利用するので、キレイで安心。
食事日本人がつくる食事は馴染みのある味で安心です。
生徒の年齢層30代以上〜シニア層も多い。日本人100%
HOWDYの特徴

5. Brilliant Cebu

学校紹介|Brilliant Cebu
カリキュラムビジネス、TOEC、IELTSなどの試験対策はもちろんのこと、トラベル英会話にも対応。
宿泊施設の環境高級コンドミニアム内に構える学校で、ジムやレストランも完備。部屋内の設備も欠点がなく、満足した生活環境も得られる。
食事リッチな学校コンセプトにあった質の高い食事を提供されています。
生徒の年齢層社会人のみならず、学生もいる。日本人100%
Brilliant Cebuの特徴

社会人にとっておすすめの留学時期は?

社会人にとっておすすめの留学時期は?

一般的に、高校生、大学生は2〜3月の春休みシーズン、7〜8月の夏休みシーズンに集中します。

私が語学学校で勤めていたときも、この時期は若い人たちで大賑わいでした。社会人の中には、ちょっと若い雰囲気はあまり得意ではない..という方もいます。

その場合は、4〜6月あるいは10〜12月など学生が集中しやすい時期を外すと、若い人たちに囲まれるストレスからは開放されます。

とは言え、留学業界は大学生など若い人が多いです。

そのため今回ご紹介した「比較的年齢層が高い学校、社会人に特化した学校」を選ぶといいかもしれません。

どのくらいの期間がいい?社会人のセブ島留学

どのくらいの期間がいい?社会人のセブ島留学

私が勤めていた語学学校では、大体以下のような割合でした。

期間別でみた留学生の割合(概算)
2週間以下
25%
3〜4週間
40%
2〜3ヶ月
25%
4ヶ月以上
10%

3〜4週間の割合が40%ほどでしたが、社会人でも転職前に有給休暇として1ヶ月程度来ている人もいれば、ゴールデンウィークと合わせて短期で来ている方もいます。

ご自身の状況と、どれだけの英語力を手に入れたいかによって相談することになります。

英語初心者で成長を実感したいのであれば、少なくとも2週間〜1ヶ月は留学してほしいというのが、今まで数百人以上の留学生の姿を見てきた私が思う正直な感想です。

まとめ:社会人のセブ島留学

今回は、社会人にセブ島留学をオススメする理由というテーマで解説しました。

セブ島には50を超える学校があり、留学先を選ぶのに一苦労します。

また、新型コロナウイルスの影響で学校の運営体制や閉校した学校もあります。

元社会人留学生、元語学学校スタッフの生の声を聞きながら、留学先を検討してみたいという方は、以下よりお気軽にお問い合わせください。

無料でカウンセリングとプランの提案を行っています。

▶参考:【もう少し!?】セブ島留学はいつから再開するのか?2021年内は厳しい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です