海外移住したいあなたをローカルがサポート➣

【2022最新】ドバイ移住の方法5選|具体的ステップと注意点も解説

【2022最新】ドバイ移住の方法5選|具体的ステップと注意点も解説

Question
Question
  • ドバイに滞在する具体的方法とステップが知りたい..
  • 滞在するためのビザのメリット、デメリットが知りたい..
  • 注意点があれば知っておきたい..

近年、芸能人や有名YouTuber、投資家、実業家から人気の節税対策を目的としたドバイ移住。実際にどのような滞在の方法があるのか分からない・ビザについて詳しく知りたいというご質問をよく受けます。

記事を書いている私は、ドバイ政府開発エリアに移住しており、これから移住をされたいという方々に向けてドバイ及びアラブ首長国連邦の法人設立・移住サポートをしてきました。

本記事では、これからドバイで法人設立したり、移住をしていきたいという方に向けて以下の内容を解説していきます。

本記事の内容

  • ドバイ移住を実現する5つの方法(ビザ)
  • ドバイ移住の注意点
  • 移住実現までのステップ

最後までお読みいただくことで、ドバイ移住の流れから方法まで完全に理解をすることができます。

また、実際にドバイに移住して起こりうるトラブルや悩みなども解説しています。読者の方のドバイ移住への未来図を描く手助けになることができれば幸いです。

ドバイ移住サポート事業者 監修
  • ドバイでの法人設立、不動産仲介経験あり
  • 日本英語技能検定準一級
  • ドバイ政府開発エリア、ドバイクリークハーバー在住
  • 現在はドバイの最新情報の提供しながら、ドバイ移住のサポートをしています
Morimoto

ドバイ移住5つの方法|ビザの種類

ドバイに移住するには、どのビザで滞在するのか?を考える必要があります。

代表的な5つの方法をご紹介していきます。

  1. 法人設立ビザ
  2. 被雇用者ビザ
  3. 不動産ビザ
  4. バーチャルワーキングビザ
  5. グリーンビザ

ひとつずつ見ていきましょう。

ドバイ移住の方法1:法人設立ビザで滞在

自身で法人を設立し、法人の代表・社員としてビザを取得する方法です。

法人設立とVISA1名分で、200万円ほどから申請可能。

最大で3年間有効です。

メリット|法人設立ビザ

自分の家族だけではなく、社員として様々な人にビザを発行できます。

法人設立には特に条件もないので、一番取得が容易な居住ビザになります。

法人を設立をすることで、ドバイ内だけでなくドバイ外でもビジネスができるようになります。

デメリット|法人設立ビザ

法人設立時の費用がかかるのに加え、一年毎の更新費用もかかります。


ドバイ移住の方法2:被雇用者ビザで滞在

法人の正社員としてビザを取得する方法です。

雇用されている間はビザが有効となります。

メリット|非雇用者ビザ

企業が移住に関する費用、ビザの申請費用なども払うことになっているので、最も費用を抑えられる移住方法と言えます。

また、基本的に雇用主がほぼ準備をしてくれるため、移住のエージェントなども使わずに移住を実現させることができます。

費用は基本的には、ビザが下りるまでのホテル滞在費・航空券だけになります。

デメリット|非雇用者ビザ

あくまでも雇用者としての移住なので、収入面で限界があります。賃金も日本よりも低い場合が多いため、収入UPという点ではおすすめできません。

取得には、現地で雇用してくれる方を見つける必要があります。

また、解雇になった場合もビザの停止となってしまうので、全てが雇用者に委ねられていると言えます。


ドバイ移住の方法3:不動産ビザで滞在

75万AED(2,835万円)以上の不動産を購入し、保有することで、3年間のビザが付与されます。

また、200万AED(7,560万円)以上の不動産を購入、保有することで5年間のビザが与えられます。

どちらも、家族であれば本人以外もビザの発行が可能です。申請自体は50万円ほどで可能です。

メリット|不動産ビザ

不動産ビザは、法人設立ビザよりもお得に申請することが出来ます。家族にもビザが発給されるのは大きなメリットです。

デメリット|不動産ビザ

現地での就労やビジネスは認められていません。現地でビジネスをするには、法人を設立する必要があります。

また、不動産を誰かに貸す分には問題ありませんが、売却などをして所有者が変更になるとビザが失効となるので注意が必要です。


ドバイ移住の方法4:バーチャルワーキングビザで滞在

2021年に登場した新しいVISAです。リモートワークをしている人でも取得できるVISAになります。

期間は1年間で、対象者は本人のみ。

直近3ヶ月間の月収及び、月の利益が60万円以上の場合、申請可能となります。社員の方はもちろん、個人事業主、フリーランサーなど全ての方が対象。

お試しでドバイに住みたいという方には非常におすすめです。30万円ほどで取得できます。

メリット|バーチャルワーキングビザ

日本からの案件を受注して仕事をしている場合でも、ドバイ内にてビザ申請ができます。

月収の制約さえクリアしていれば、ドバイで自由に暮らすことができ、時代に即したビザとも言えます。

デメリット|バーチャルワーキングビザ

家族を連れてくることはできず、ビザが発給されるのは申請者本人のみになります。また、有効期間も1年と短いです。


ドバイ移住の方法5:グリーンビザで滞在

バーチャルワーキングビザの進化版のようなものです。

3年間有効で、家族も呼ぶことができます。

直近3ヶ月間の月収及び、月の利益が60万円以上の場合、申請可能です。

メリット|グリーンビザ

申請費用が60万円ほどと比較的安いです。

雇用主の影響は受けません。いかなる場合もビザを保有しつづけられます。

デメリット|グリーンビザ

去年スタートしたビザで、あまり前例がありません。自身のビジネスの申請が通るかは定かではないため、確認が必要になります。

ドバイ移住の注意点も知っておこう

注意点1:猛烈な暑さ

ドバイの夏はとても暑く、最高気温は毎日40度を超えます。そのため、日中に、屋外で15分以上活動するのは困難を極めます。

しかし、ドバイという町が屋内での活動をメインに想定して、作られているので、全ての活動が屋内で完結するようになっています。

暑い夏も直射日光にあたらずに過ごすことができます。また、移動も基本的に車で全て行います。

Morimoto
Morimoto

自家用車を持っていない方はタクシーを主に使うことで移動ができます。東京とは違い、20kmの長距離移動でも2000円ほどで済むため、非常にリーズナブルな価格でタクシーを利用できます。


注意点2:不動産契約のルールが違う

ドバイの不動産契約は日本と少し違います。

賃貸であれば、一年間の家賃の一括払いが一般的です。そのため、家賃20万円であれば、一括で240万円払う必要があります。

基本的にドバイの物件は、駐車場・ジム・プール付きが多いです。

また、大家さんによって貸し出しの条件が大幅に変わってきます。光熱費や家具が家賃に含まれている場合もありますし、交渉次第では、2回払いや3回払いに対応してくれる方もいます。

中にはクレジットカードでの支払いが可能となる場合もあります。

Morimoto
Morimoto

当メディア運営元では、そのようなオーナーさんをご紹介・及び交渉のサポートをさせていただくことも可能です。

ドバイの賃貸について問合わせる


注意点3:日本の非居住者になる必要がある

ドバイでは、法人税・所得税・固定資産税など日本で主要な税金が存在しません。そのため、税制面で大きなメリットを感じ移住される方が多いです。

しかし、いずれもドバイの居住者として認識される必要があります。

もし、ドバイ移住をしたとしても、正しい手順を踏んで移住ができていなければ、日本の課税対象となってしまいます。

最悪の場合、延滞税や無申告加算税の扱いになってしまう可能性があるので注意が必要です。

Morimoto
Morimoto

非居住者についてもっと詳しく知りたいという方はドバイ移住 税金の記事を参考にしていただければ幸いです。

まとめ:ドバイ移住 実現までのステップ

ここまで、ドバイ移住を実現する5つの方法と、ドバイで生活する上での注意点について解説してきました。

最後に、移住を実現するまでのステップについてお伝えします。申請するVISAによって移住ステップは多少変わります。

エージェントに依頼する

ドバイ移住をする場合は基本的にエージェントをつけるのが一般的です。日本からパスポートや証明写真、申請書類を提出します。

申請が通りますと、仮VISAが発行されますので、入国していただきます。

エージェントに質問する

入国

仮ビザで入国した後は、健康診断と指紋登録で政府から呼び出しを受けます。入国してから約1ヶ月半ほどで通知が来ます。

またこの間に民間の健康保険の加入なども済ませましょう。

VISA発行

健康診断・指紋登録が終わると、エミレーツIDという身分証明書が発行されます。

こちらが、日本のマイナンバーカードのようなもので、アラブ首長国連邦内での契約に必ず必要になってきます。

また、申請したVISAの内容もこのエミレーツIDに記載されています。

物件契約

最後にドバイの不動産契約をしましょう。

本記事では、ドバイ移住を実現するための方法について、ビザを中心に解説しました。

これから本格的にドバイ移住を検討したい!ドバイで滞在することで節税対策にも活かしていきたい!どのエージェントを使ったらいいか分からない!

という方はお気軽にお問い合わせフォームよりご連絡くださいませ。

Morimoto
Morimoto

安心安全のお客様目線のサポートをさせて頂いております。移住前はもちろんのこと、移住した後も長くお付き合いさせていただきます。

ご相談&サポート内容
  • 法人開設及びVISA発行
  • 不動産VISA申請サポート
  • バーチャルワーキングVISA申請サポート
  • 賃貸不動産のご案内
  • 法人及び個人銀行口座開設サポート
  • 税理士のご紹介
  • 移住後のお悩み相談

ドバイ移住|お問合わせフォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。