海外移住したいあなたをローカルがサポート➣

【アラサーでも大丈夫!】 30代の女性が海外移住にチャレンジ・充実させるためには?|実体験

【アラサーでも大丈夫!】 30代の女性が海外移住にチャレンジ・充実させるためには?|実体験

みんなの悩み!!
みんなの悩み!!
  • 周りの結婚、出産ラッシュに焦る
  • 責任だけ大きくなる仕事、このまま働くべきか不安..
  • 本当は海外移住や、留学をしてみたいけどアラサーだから…

30代女性なら一度はこんな悩みを感じたことがありませんか?

Mika
Mika

以前のわたしも、同じ悩みを考えてはシュン…と落ち込んでいました。ですが、海外移住をはじめてから人生が大きく変わりました!

記事を書いているわたしは、現在タイに移住して2年目です。

これまで韓国・オーストラリアなどで留学をして、海外生活の魅力にハマり、今では4年目になります!

そこで、今回は体験談を元に、以下の内容について解説していきます。

今回の内容

  • 30代の女性に海外移住をおすすめする理由
  • 移住して良かった点・魅力・メリット
  • 海外移住を充実させるためのポイント
  • 具体的な移住の実現方法

30代の女性へ海外移住をおすすめする理由

30代の女性へ海外移住をおすすめする理由

「海外は、学生や若者が行くもの」と思っていませんか?

実際に海外に出てみると、若者だけでなく30代以上の人たちもたくさんいることに驚きます!

30代以上も海外移住者が多い理由としては、以下のような点があげられます。

  • グローバル化がどんどん進んで、気軽に海外へ行けるようになったこと
  • 実践的な英語を学んで、キャリアアップしたいと考える人が増えたこと

このように、30代からの海外移住は、まったく遅くありません。

ここでは、30代の女性の海外移住がなぜオススメなのか?について詳しくご紹介します!

30代の女性におすすめする理由1:時間やお金が自由に使える

学生の頃は、時間がたくさんあってもお金が十分に足りないことが多いです。

また、20代は仕事とプライベートを両立するまで時間がかかってしまいます。

これが30代になると仕事に慣れてきますし、時間やお金に少しも自由が出てきます。

生活に余白ができると、同じ毎日がだんだん退屈に見えてきて、新たなチャレンジをしたくなることが増えます。

そんな新たな一歩を踏み出したい30代の女性にとって、海外移住はまさにぴったりな時期と言えます。


30代の女性がおすすめする理由2:30代女性の見えない呪縛から解放される

30代の女性がおすすめする理由2:30代女性の見えない呪縛から解放される

30代になると、以下のようなモヤモヤ感にぶつかり辛くなることがあります。

  • 独身女性は寂しそうという風潮..
  • SNSを開く度に、友達の生活がキラキラ見えて羨ましい..

日本にいると、この「30代女性特有の見えない呪縛」を避けて生活するのは難しいです。

しかし海外移住をすれば、生きづらさを感じることが驚くほど減ります。

たとえば日本で30歳というと、「もう30歳だから…」と自虐的な人が増えます。

しかし海外では「30歳!これからなんでもチャレンジできて良いわね!」とポジティブな言葉が当然のように返ってくるのです。

このように、海外移住をすれば、30代女性の生きづらい呪縛から解放されるでしょう!


30代の女性がおすすめする理由3:素敵な人と出会うチャンスがある

30代の女性がおすすめする理由3:素敵な人と出会うチャンスがある

「これまで素敵な出会いがあまりなかった…」という30代女性に朗報です!

海外という新たな環境で生活すれば、日々たくさんの人と知り合えます。つまり、素敵なパートナーと出会えるチャンスにあふれているのです。

また日本では「守ってあげたい可愛らしい女性」が人気な一方、海外は「自分の軸を持つ大人な強い女性」が人気な傾向にあります。

「海外移住という大きな決断ができる自分の軸を持つ女性」はとても魅力的に映るでしょう。

Mika
Mika

実際にわたしは、海外移住をして彼氏ができました。わたしの友人も海外移住先で出会い結婚した、という方がたくさんいます。

30代の女性が、海外移住を充実するためのポイント

30代の女性が、海外移住を充実するためのポイント

せっかく勇気を出して海外移住をするからには、現地での生活を全力で楽しみたいですよね。

ここでは、30代の女性が海外移住を充実するためのおすすめのポイントについてご紹介します。

今日から実践できることもあるので、ぜひ参考にしてみてください!

ポイント1:いつも細分化した目標を持つ

海外移住で一度は陥ってしまうのが、「ここで何してるんだろう?」という悩みです。

海外では時間に余裕ができるため、自分と向き合う時間も増えます。そんなとき、ただなんとなく過ごす状態だと「海外に来た意味ってなに?」と負のループに陥るかもしれません。

そうならないために、海外移住における自分なりの目標を決めておきましょう。

オススメなのが、目標のハードルを上げすぎないことです。また、ひとつではなく大きな目標と小さな目標をいくつか設定すると良いでしょう。

Mika
Mika

例えば、「現地の友達を3人以上作る」、「海外移住の記録をSNSで週1回発信する」など、自分なりにできそうなことで大丈夫です。

達成できたらまた新しい目標を考えます。目標を決めることで、気分が下がることが減り、充実感が得られやすくなります!


ポイント2:ゆるく暮らすメンタルを持つ

ポイント2:ゆるく暮らすメンタルを持つ

海外移住では、「ゆるく暮らす」という気持ちをいつも意識してみましょう。海外で暮らすと日々予測不可能なことばかりが起きます。

たとえば、「1時間バスが来ない(そもそも時刻表が無い)」、「部屋の水漏れは日常茶飯事」、「スマホを片手に接客してくる」などです。

はじめは日本とのあまりの違いにびっくりしたり、イライラするかもしれません。

目に見えることすべてにドキドキして、気も張っている状態でしょう。しかし細かいことを気にしていたら、すぐにキャパオーバーになってしまいます。

肩の力を抜いて、「これが海外か!」と思えるくらいゆるい方が楽しく過ごせますよ!


ポイント3:言語の勉強をしっかりする

言語力がゼロでも海外移住は可能ですが、ベストなのはしっかりと勉強して行くことです。

言葉が話せればコミュニケーションがスムーズにとれるので、友達ができたりとすぐに現地に馴染むことができます。より充実した生活が送れるでしょう。

また、海外移住する人たちは決まって「もっと言葉を勉強して来れば良かった」と嘆きます。

Mika
Mika

これはわたし自身も後悔していることです。海外移住を考えている方は、「簡単な表現でとっさの会話ができるレベル」を目標に勉強するのがおすすめです。

英語圏に限らず、東南アジアでも英語を勉強してると生活や仕事に困りません。

» 参考:【3ヶ月でOK】海外移住に向けた損をしない英語の勉強法について教えます


ポイント4:気になる国にプチ移住をしてみる

ポイント4:気になる国にプチ移住をしてみる

「いきなり行ったこともない国への移住はハードルが高い」と不安な人も多いでしょう。

そんなときにおすすめなのが、「お試しプチ移住体験」です!

移住したい国を決めたら、1か月など観光ビザが有効な期間を使いひとり旅をするというものです。ここで大切なのは、高級ホテルに泊まるリッチな旅はせず、ホステルで自炊をするような「生活」を体験することです。

その結果「ここならわたしに合ってる!」、「なんか思ってた国じゃないかも…」などが肌で感じられ、国選びに失敗するリスクを防げます。

また実際に住んでみることで、今後の海外移住への現実味や意欲がさらに湧いてきます。

このときに知り合いを作っておけば、移住をスタートさせた際、困ったことがあれば力になってくれるでしょう。

» 海外移住に安心と楽しさをプラス。現地人材と仲良くなれる移住アシスタントサービス

30代からでも移住を「実現」させる方法

30代からでも移住を「実現」させる方法

「海外移住には憧れるけど、実際にどんな方法があるかよく分からない…。」と感じる方もいるかもしれません。

ここではそんなお悩みを持つ方のために、30代からでも移住を実現させる方法について具体的にご紹介していきます。

方法1:現地採用として働く

これは現地の企業に就職をし、働きながら生活する方法です。

わたしも現地採用として働いた経験がありますが、流れとしては日本の就職活動とほとんど変わりません。

人材会社に登録したり、ネットで気になる求人募集があれば応募をします。その後、日本でオンライン面接、もしくは、直接その国へ出向いて面接をして採用となります。

その際、言語や何か技術的なスキルがあれば仕事選びはそこまで苦戦しません。

また社会人経験3年以上、など社会人経験の条件がよくありますが、30代の女性ならば、こちらに関してはクリアしている人が多いでしょう。


方法2:フリーランスになる

フリーランスになる

フリーランスとして働きながら生活する方法です。

ライター、ブロガー、ウェブデザイナーなど、パソコンとインターネット環境さえあれば働ける人のことを指します。

最近では「ノマド生活」という言葉も聞くようになってきました。場所を選ばないため、海外移住をしても自由に生活ができます。

ノマド人気エリアとしては、タイ・インドネシア・フィリピンなど東南アジアが有名でしょう。もし自分で稼ぐスキルがある人は、フリーランスを目指すのもおすすめです。

»【2021厳選】日本人が海外移住しやすいオススメの国ランキングTOP5


方法3:留学をする

現地の学生として学校に通いながら生活をする方法です。

「30代で学生?」と不安に思うかもしれませんが、海外の学生のイメージは日本と異なります。

「学生は20代前半」というイメージがある日本に比べ、海外では30代、40代以上の大人が学校に通うケースは珍しくありません。

Mika
Mika

30代でも学生になれる、という年齢に捕らわれない選択肢があることをぜひ頭に入れておいてくださいね。


方法4:移住サポートしている企業に相談してみる

移住サポートしている企業に相談してみる

海外移住のサポートをしている企業に相談をしてみる、という方法です。

留学の相談の相談を請け負うエージェントは沢山ありますが、海外移住の相談をしている企業は思ったほど多くありません。

そして、不動産だけの紹介や、ビザの取得代行だけなど、独立してサポートしているところがほとんどです。

海外デュアルライフメディアでは、移住にまつわる悩み事から、不動産、ビザ、言葉の問題、現地の人との関わりなど、トータルサポートされています。

まずは、無料相談からしてみるのもいいかもしれません。

まとめ:30代 女性の海外移住

まとめ:30代 女性の海外移住

今回は、30代の海外移住について詳しくご紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか?

日本にいると、他人が気になり仕方なくみんなと同じ人生のルートを選ぶ女性が多いように感じます。

しかしわたしは、海外移住という道を選んだことで、自分の人生に自信がつきました。

さらに余計なストレスが減り、狭かった価値観の幅も広がりました。

ちなみに、これから海外移住する人におすすめの国は東南アジアです。物価は安く気候も暖かいのでとても心地が良いです。

「本当は海外移住したいけど、なかなか踏み出せない」と今まさに悩んでいるあなた。人生はたった一度きりで、年齢はただの数字です

Mika
Mika

自分の人生は自分で舵を取った方が何百倍も幸せになれます!ぜひ勇気を出して、心がワクワクする方へ進んでみてくださいね!

» 関連記事:【私にもできる?】女性が一人で海外移住するために外せない4つのポイントを解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です