海外移住したいあなたをローカルがサポート➣

海外移住は英語ができないと失敗する?【英検3級レベルの僕が解説】

  • 海外移住したいけど英語力に自信ないんだよな…
  • 高校卒業してから英語なんて勉強したことないけど、海外移住なんてできるのかな…
  • 移住の目的によって必要な英語力を知っておきたい…

海外移住をしてみたいと思っていても、英語ができないからと言ってフタを閉じてしまってはいませんか?

この記事を書いている私は、海外移住をしていますが、高校卒業以来10年以上勉強はしていませんでした。


社会人になってからたった2ヶ月勉強をしただけで、今ではフィリピンのセブ島に済みつつ、現地の人と一緒に英語を使いながら仕事もしています。

今回は「海外移住してみたいけど英語に自信がない…」という方に向けて、海外移住は英語ができなくても上手くいくのか?ということを現地での生活スタイルに分けて解説していきます。

お読みいただくことで、海外移住に向けた英語学習に関する準備と移住の可能性が見えてくるはずです!

Yuki
Yuki

英語力がなくても海外移住はできます。でも勉強はしておいたほうがいい。そして現地で目指す生活スタイルによって求められる英語力は変わる。というのが結論です。詳しく解説します。

海外移住は英語ができなくても可能か?

海外移住は英語ができなくても可能か?

結論は、できます。

パスポートとキャリーケースとお金さえ持っていけば、海外にはいくことができますし、現地に日本人がいたりするので何かあれば頼ることができます。

しかし、海外移住経験のある私の意見としては、日常会話程度は勉強してから行くべきだと思います。

理由は以下の通りです。

  1. 緊急事態のときに自分の考えが伝えられないと困る
  2. 言葉が通じないと、楽しむことができない
  3. 日本語ばかり話していて、日本に住んでいるのと大して変わらない

私が、海外に住んですぐの頃、英語力がなかったために困ったことや悔しい思いをしたことがありました。

Yuki
Yuki

オーストラリアで車が故障したとき、状況が伝えられず困ったり、フィリピンで現地の人と遊びにでかけているのに、言葉がわからなくて楽しさが半減してしまったりしました、、

なので、少しでも良いので英語は勉強をしてから移住したほうがいい。というのが結論です。

移住生活に慣れてくるに従い、英語を使う機会も増えどんどん上達していくはずです。

海外移住に必要な英語力は?

海外移住に必要な英語力は?

海外移住で必要な英語力は、現地の生活スタイルや移住の目的によって変わってきます。

しかしながら、日常会話はやっておいたほうがいいと思います。

現在ではGoogle翻訳など、翻訳機の性能があがっているので、読み書きについては調べれば解決することも多いです。

なので話す・聞くということを中心に勉強するといいです。

今ではYouTubeやブログ記事を検索をするだけで日常会話のフレーズ集が無料で学べます。

私の場合、有名YouTuber バイリンガールちかさんの「HELP me TRAVEL」というアプリも使っていました。

ということで、生活スタイルと目的に合わせた具体的な英語力は下記で詳しく解説します。

現地の生活スタイルに合わせた必要な英語力

駐在員

駐在員と派遣される国や環境、役職によって左右されます。

アメリカ、イギリス、オーストラリア、ヨーロッパ諸国で海外駐在員になる場合は、非常に高い英語力が求められます。(TOEICで800点以上)

しかし、英語を母国語としていない東南アジアではネイティブの国よりも求められるレベルは下がります。

職場に日本人が自分だけだと当然英語ができないと仕事ができませんし、取引先の担当が外国人なのか日本人なのかでも変わります。

現地就職

現地就職をしたい場合は、最低限の英語力が必要です。

英語レベルは各企業が求めている英語力を参考にしてください。

東南アジアの場合は、「日常会話レベル」で積極的に採用している現地日系企業もたくさんあります。

日本人というだけで価値が高く、給料も高い傾向にあります。

実際に私の後輩の女の子で、ほぼ英語ができなかったけど、コールセンター会社のサポート業務をやっていた子もいました。

早期リタイヤ

早期リタイアとは、ある程度資金的に余裕があって特に定職にはつかず、年金暮らしや投資などで生活する人を指しています。

生活に支障のない英語力があれば、問題なし

例えばレストランで注文をしたり、人に道を聞いたり、自分の感情や思っていることを単語でもいいので伝えられればOKです。

プチ移住

プチ移住とは、3ヶ月や6ヶ月あるいは12ヶ月くらいの短期でお試しで移住することを指します。
特にITフリーランスや、シニア層がこのプチ移住に続々とチャレンジしています。

仕事も日本からの収入を得ていたりするケースも多いため、現地就職しないパターンです。

こちらも、生活に支障のない英語力があれば、問題なし。

とは言え、本人次第。

現地を堪能をしたい、せっかくなら現地の人と仲良くなって会話をしたいと思うなら勉強すべきです。

プチ移住先として英語が最も通じやすいのは、フィリピンです。私もフィリピンのセブ島で移住をしています。

語学留学でも有名な場所です。

【徹底解説】セブ島移住で掛かる全ての費用がこれ(2021保存版) 【移住天国】東南アジアに住んでみようかと思える魅力10選とおすすめの国(デメリットも解説)
4技能どれを優先的に勉強するべき?

英語にはスピーキング、リスニング、リーディング、ライティングの4技能がありますが、移住するならスピーキングとリスニングを強化しましょう。

理由はGoogle翻訳で読み書きは何とかなるからです。人とのコミュニケーションの源泉は聞いて話すことだと思います。

海外移住で英語ができるメリット

海外移住で英語ができるメリットをおさらいしておきます。

  1. 現地の人と仲良くなれる
  2. 観光が楽しくなる
  3. 他の国に行ったときにも通用する

私は、英語力を日常会話レベルまであげることができたおかげで、現地のひとと一緒に出掛けたり、雑談で盛り上がったりと満足感を得ることができたと実感しています。

英語という最強のコミュニケーションツールによって今後のライフスタイルに大きな変化と可能性がもたらされます。

海外移住で英語ができないデメリット

海外移住で英語ができないデメリットをおさらいしておきます。

  1. 騙される可能性がある
  2. 仕事の範囲が限定的になる
  3. 人との交流が減り、ふさぎ込む

現地の人とのコミュニケーションが出来ないと、足元をみられサービスなどの適正価格よりも高い金額をふっかけられてしまう可能性もあります。

自分の意思を伝え、相手の意思を確認する力は持っておいて損はありません。

私がオーストラリアにいたとき、相手の言っていることが理解できなすぎて、全部「yes」と言っていたら違う料理がでてきてガッカリということもありました、、

言葉ができないというだけで人との関わりが減っていき、孤独を感じるきっかけにもなってしまうので、勉強するに越したことはありません。

まとめ:海外移住を楽しむなら英語は学ぶべき

海外移住を楽しむなら英語は学ぶべき

今回は英語ができないと海外移住は失敗するのか?について解説しました。

英語ができなくても移住はできるというのが結論ですが、「英語ができたほうが必ず楽しくなる」というのが居住経験者としての意見です。

ガリ勉になる必要はありません。

以下にオススメの勉強法のサマリーをお伝えして終わります。

実際に私がやってきて、海外移住を楽しみ、現地就職を実現した勉強法です。

オススメの勉強方法と勉強時間

・文法書を1冊だけやる(2周する)

・伝えたいと思ったフレーズをすぐにググってノートにまとめる
・それを毎日見返す
・日常生活していて目に入るものを英語で言ってみる、調べる

・積極的に話す

これを2ヶ月やったら確実に成長します。単語帳の勉強はつまらなくなるのでNGです。ポイントは必要に駆られて英語を調べてインプットすることです。

アウトプットにはオンライン英会話付きの移住サービスを活用するのもありです。

詳細のオススメの勉強法はまた別記事で解説します。

では最後までお読みいただきありがとう御座いました。

参考になった!という方は、フォロー、コメント、いいねボタンをよろしくお願いいたします😉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です